おすすめサイト
これいいね!
投稿カレンダー
2013年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
カテゴリー
これ売れてる?
ここで調べろ!

‘2013/04/19’ カテゴリーのアーカイブ

ツクバハコネサンショウウオを発見!

2013/04/19

新種の生物が発見されました。280万年前から独自に進化してきたのに今まで発見されなかったとはどういう事なんでしょうか?結局大学がやっていることはよくわからないことだらけですね。なんか、大人になっても勉強していれば良いって魅力的です。若い人は、大学の教授とかを目指してはいかがでしょうか?

1: :2013/04/18(木) 23:13:04.78 ID:

新種の山椒魚発見!280万年前から独自進化?

茨城県つくば市の筑波山周辺に生息するサンショウウオが新種であることを京都大学の研究チームが突き止め、科学論文誌に発表した。

チームは新種を「ツクバハコネサンショウウオ」と命名。関東地方でのサンショウウオの新種発見は82年ぶりだという。

新種を発見したのは、同大人間・環境学研究科の松井正文教授と吉川夏彦研究員(30)。
新種は成体の体長が約14センチ。吉川さんによると、筑波山南側斜面から約10キロ北の燕山にいたる地域で生息を確認した。

この地域にサンショウウオが生息することは以前から知られていたが、本州や四国の山地にかけて広く生息する「ハコネサンショウウオ」だと思われてきた。
吉川さんは2005年に筑波山での調査を始めたが、体の特徴が、他の地域にいるものと微妙に違うと感じていた。

約3年をかけて成体が生息する場所を突き止め、計16匹を捕まえて特徴を調べた。
その結果を別の地域のハコネサンショウウオと比べたところ、〈1〉尾が短い〈2〉幼生は銀白色の斑紋(斑点)が多い〈3〉背中側の尾に黄色い線がくっきりある――ことが明らかになった。

また、遺伝子解析の結果から、約280万年前に何らかの環境変化が起こってこの地域のサンショウウオが孤立状態となり、独自の進化を遂げた可能性があることもわかった。

サンショウウオの新種は昨年、青森県で発見されている。
しかし関東地方ではきわめて珍しく、1931年発見のトウキョウサンショウウオ以来。
吉川さんは「国内では生息域が最も狭いサンショウウオの一つになる」と話している。
(2013年4月17日12時34分 読売新聞)
________________

▽記事引用元 YOMIURI ONLINE 2013年4月17日12時34分配信記事
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130417-OYT1T00373.htm

▽関連
Current Herpetology 32(1):9-25. 2013
A New Salamander of the Genus Onychodactylus from Tsukuba Mountains, Eastern Honshu, Japan (Amphibia, Caudata, Hynobiidae)
http://www.bioone.org/doi/abs/10.5358/hsj.32.9

(さらに…)